読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

ヌー茶屋町、柿崎シェフのイタリアン

ルクサで半額券を買っていた。

パーティが入ると、ランチ時でも、予約が取れない店。

この前一度断られた。

ダメ元で電話したら運良く空いてて。

ランドリンク付きのコース料理。

私はキールアペリティフとして頼んだ。

パリを思う、キール。ワインに、カシスを入れたもの。

前菜の生ハムはとろけそう。マンゴーと良く合う。沢山あつて、これだけでも、十分の値打ち。

ワインはカラフェだつたので、量的に丁度良い。

パスタは、蟹。

メインは、鴨肉。

どれも美味しい。

デザートがたっぷり。

コーヒーも美味しくて、大満足。

健康ならばこそ。

テラスで、ビールで乾杯しているグループがいた。

パーティは、テラスも使える。

通常のランチメニューもある。カップルが、美味しそうなピザを分け合って。

話は知事選に。

小池さんがリード、増田さんが追っている。

鳥越さんは、少し劣勢の模様。

週刊誌にスキャンダルを書かれたら、トーンダウンするけど、それだけではなく、タスキはかけないで、スタイリストに服装を任せて、若さとスタイリスティックに決め込んでいるのが良くない。

選挙選を見ていると、その人柄が出てくる。

最初は遅れていた増田さんの好感度が上がって、若い人達からの支持を集めている。小池さんさんを抜いて、蓋を開けたら、増田さんという可能性もでてきた。

自民と公明が支持せていたのが、マイナスのイメージを作っていたけど、選挙選で増田さんの人柄と政策通が、評価されている。

鳥越さんの肩に、支持に回った古賀さん、宇佐美さんがいるのに、3人分必死にならなければいけないのに、その逆。

考えてみれば、鳥越さんは、自分が引いて、古賀さんを押すべきだつた。

野党連合は、宇佐美さんを一本化すべきだつた。