明日は別の日

のんびりと、マイペースでブログを書いて来ましたら、結構長く続いています。元気出して行きまっしょ、というタイトルから、一新するつもりで。

昭和一桁生まれの人

以前に、聞いたことがあった。

本屋を営んでいた頃のこと、手伝ってもらっていたひとが、昭和4年生まれ。

物のない時代に育ったので、買いたいものがあると、店に頭金を置いてでも、取ってもらう。

なくなるのではないか、売れてしまうという不安からだそう。

同じ年に生まれた叔母がいる。

その叔母は、食品を一口噛んで、置いておくクセがあったと父が笑っていた。

食事に植えていた時代に育った人の知恵だった。

他の人に食べられないように。

加藤剛が亡くなったとのニュースが流れていた。

加藤剛も、戦時下にあつて、食べるものが困窮していた時代に、栄養が足りないで育った人。

この頃の人は、早く亡くなるひとが多い。

同輩の平幹二朗米倉斉加年緒形拳、などの惜しいひとが、長生きできないでこの世を去っている。

闘病中のなかにし礼や、鳥越さんの消息も途絶えている。

叔母も、女性は長生きだとはいえ、亡くなっている。骨粗鬆から、動けなくなって。

食事が行き届かない頃に、育った人は骨が弱い。

今、長寿を支えているのは、大正生まれの人。

大正は、豊かな時代だった。大正浪漫と言われた頃、育った人たちは、丈夫で長生きの人が多く、100歳時代を生きる、というフレーズも、彼らの長寿を見据えてのこと。

軍需景気で、日本が裕福だった頃に育った人たち。

日本も、経済のバブルを湯水のようにお金を消費して、今はどうだろう?

下山の道をたどっている。

戦争のきな臭い匂いもし出している。

石油を止められた日本は、あの不幸な戦争にと突入して、原爆な日を迎えた。

歴史は繰り返される。

人間は懲りない。

忘却がまた、人間を生きながらえさせもする。